nico

<   2014年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧




Squaaaamish !

あけましておめでとうございます。
初めてのカナダの冬。
やっぱりちと寒い。でもきれい。
森の水分という水分が凍り始めて、とても不思議な世界。
ラマと大家さんの犬のローラは、この寒空の下、わふわふいって水に飛び込んでます。イヌってすごい。

雪の日。お家のお庭で撮影。
a0121022_3333558.jpg


いまは、スコーミッシュのブラッケンデールというエリアの一軒家に一部屋借りて暮らしています。大家さんのキャロラインは看護婦さんなので、夜勤のときは、私がキャロラインの動物たちの面倒をみています。ゴールデンレトリバーのローラとついこの前老衰で天に召されたバスター、黒猫のダッシュ、セキセイインコ、それにラマ。
大きなお家に一人でいることも多いけど、動物がこれだけいると、なんかすごいにぎやか。
特にローラは、2歳のアクティブな女の子で、ラマと気が合うようで、すごく楽しそう。



キャロライン(50代)はびっくりするほどアスリートで、休みの日は、朝マウンテンバイクに3時間ほど乗りにいき、午後はプールか、ゴルフ(18H)、夜帰ってきて、2時間ほどKARAOKE練習。そのあと卓球かビリヤードやらない?とかいってくる。(でもキャロラインの本気スマッシュが痛過ぎて、相手したくない)この前は使われていないゴルフ場に夜連れていかれ、ここアイススケートスポットだから〜といって、一人でアイスホッケーの練習してた...。
ここスコーミッシュに住む女の人は本当にアクティブ。みんな運動大好きだから、運痴な私はついていくのに必死。
最近仲良くさせてもらってる、Yuiちゃんにその話をしたら、
「なんかこの辺の女の人、チーフの影響のせいかとにかくすっごいエネルギッシュなんだよ」って教えてくれた。チーフとは、このあたりのファーストネイションである、スコーミッシュ族の崇拝の対象となっている、高さ600mの大きな一枚岩のこと。そのスタワマスチーフの岩のど真ん中に大きな白い人型の模様があって、「白い魔女」と呼ばれているらしい。確かに髪の長いシャーマンが踊っている風にしか見えない。そしてそのチーフの横に、シャノンフォールズという那智の滝のような、迫力ある美しい滝がみえる。
このスタワマスチーフとシャノンフォールズの並びはすごく圧巻。
「私は、あのふたつは神社と清めの聖なる水って感じるんだよね」と、Yuiちゃん。
確かにこの辺りは、紀伊半島あたりの原始宗教とすごく似た印象を受ける。
とても不思議な雰囲気のただよう、素敵な入り江の町だ。
私は秋口にこの町に来たのだけど、その頃は川はサーモンの死体で埋まっていて、
町中魚の匂いがただよっていた。ラマは川沿いではしゃいでは、その腐ったサーモンに体をこすりつけていて、洗っても洗ってもとれない匂いで、辟易したけれど、たくさんのサーモンが最後の力をふりしぼって泳ぐ姿は驚くほど力強かった。
夏には海にいっぱいいたサーモンたちが、秋には森へ帰っていく。夏から秋にかけてのサーモンのドラマティックな生態を一緒に旅できたような気持ちになった。

ラマはこの町にきてから、またぐんと成長した。
リードなしで、自転車と並走して走ることもできるようになったし、
(横断歩道もちゃんと渡れるの!)
レストランに連れてっても、外でおとなしく待っていられるようになった。
他の犬のカーミングシグナルを読めるようになって、しつこくしすぎてケガをすることもなくなった。多少他の犬とケンカしても相手のオーナーさんが「ここはスコーミッシュだから。大丈夫よ〜」って言ってくれる。このゆるさが本当に気楽で、散歩するのがとても楽しい。
ラマはみるみる元気を取り戻しました。(ハンソン島後はしばらくモーテル暮らしだったのでおとなしくしててくれた)家から徒歩10分ぐらいのところの土手が、イーグルウォッチングで有名なところで、白頭ワシがばさーばさーとたくさん飛んでいます。ハンソン島のザトウクジラもだけど、世界的に珍しい動物がうようよいるところって、やっぱりすごーくいいところ。動物たちは本当によく知ってるのね。なんでもね。

それになんといっても、Squamishには、近所に同年代の日本の女性たちがいてくれて、
みんな料理上手で、すっごく楽しい人たちなのです。
日本人の女の子の友達ほしかったんだよー!
カナダは全体的に男性っぽいというか、なかなか女子旅の一人旅みないのよね。
ご近所のYuiちゃんにハロウィーン楽しませてもらったり、時折トレイルいったり、bike連れてってもらったり、友達をいっぱい紹介してもらったり。これまたご近所のRisaちゃんとお茶飲みながらひたすら笑い話したり、みんなでクリスマスパーティーしてSKI映画みたり、みんなラマを可愛がってくれて、なんかとっても楽しくって幸せな日々。
タイワニーズのフェニーやコリアンのキョンヨンも主婦でお料理上手。フレンチのセリーヌはいつもオシャレで美味しいチーズの食べ方を教えてくれる素敵な女の子。みんなでたびたびポットラックパーティーをして、世界各地の家庭料理を楽しませていただいてます。これが本当に美味しいんだって♡
Squamishって最高ー!

オーガニック製品も勢揃い。コスメなどもきちんとスコーミッシュ産のオーガニックハーブを使ったスコーミッシュブランド。
WHOLE FOODSはないけれど、毎週日曜日には、近所でファーマーズマーケットがあり、50店舗ほど出店している。オーガニック野菜にコスメ類。(スコーミッシュ産のオーガニックハーブを使ったスコーミッシュブランド)ニット屋さんにネイティブアメリカンショップ、有機肉屋さんや有機チーズ屋さん。(イタリアに勝るとも劣らないチーズだった!さすがフレンチ文化の国)
マーケットの中まで犬たちがフリーでうろついてる。私は素敵なものや出会いを運んでくれるこのマーケットが大好き。

それにそれに(毎回言ってますけど)ここスコーミッシュ男子も素敵なんですよー!
スタワマスチーフトレイルをぜーぜーいいながら登っていると、後ろからすたたたたーっと軽ーく走って登ってくるイケメンボルダーたち。
ラマにかるーくハグとkissをして、さーーっと去っていく後ろ姿。きゅんきゅん♡
ボルダリングの聖地でひとり不純な私。
崖みたいなところからエクストリームな感じで飛んでおりてくるバイクライダーも。
ひとたびメットを脱げば、流暢なフレンチを話す、間違いなくいいひとたちだろうよ、と思わせるカナディアン。
クレイジーで面白くて、かっこよすぎなんだよーだよーだよー
(チーフに響き渡るecho)
スケータービデオとかのやんちゃな感じっていいよねー♡なんか可愛くてさー。
いかにも男の子っぽくてドキドキする。
いきなりタメ語でなにいってんだって感じですけど。
今年からもう年齢はわきまえず、好き勝手書くことにしました。
日本のシングル女子のみなさま。just for your informationですので。ね。

しばらくはここSquamishで、BCを満喫するつもりです。
相変わらずBCから一歩もでていない私...。
ホントいいところなので、お時間あったら私がいるうちに遊びにきてくださいね☆☆☆
[PR]



by kumikotabata | 2014-01-04 04:36 | Canada

nico's words
by kumikotabata
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

こばたばファームのご案内。
at 2015-12-12 01:32
nico移転のお知らせ
at 2015-12-01 07:50
I still rememb..
at 2015-09-09 13:41
NO TRIP NO LIFE.
at 2015-06-24 23:53
オオカミのこどもと歌うくじら。
at 2014-05-22 01:10

画像一覧